アイテック公式ブログ

【ITストラテジスト試験の午後1はなぜ難しい】

2016年12月22日

 ITストラテジスト試験は、午後2試験の論文が課題と感じている方が多いのですが、実は午後1試験で落ちる方が多いことは知っていますか?

1.ITストラテジスト試験の午後1で落ちる方の特徴

 ITストラテジスト試験で午後1を苦手としている方は多くいます。システムアーキテクト試験やプロジェクトマネージャ試験はクリアーしてきたのに、ITストラテジスト試験はどうもうまくいかないという声もよく聞きます。

 ITストラテジスト試験の午後1を苦手としている方の中には、かなりベテランで経験が豊富な方やSEとしてのスキルが高い方も多いです。このような方で、午後1を苦手としている方は、次のような特徴があります。

  • 1:自分の経験をベースに解答する
  • 2:技術的な観点から答えようとする

2.ITストラテジスト試験の午後1は、国語の問題である

 ITストラテジスト試験の午後1を解くときに最も重要なことは、国語の問題だと思って解答することです。自分の経験ではなく、問題文に書かれたヒントを元に、出題者が何を解答させようとしているかを推理して、その出題者の意図に沿って解答することです。ITストラテジスト試験の午後1の解答は技術的に正しい解答ではなく、出題者の意図に沿った解答が正解だということを忘れないでください。

3.ITストラテジスト試験の午後2は経営的な視点が重要である

 午後2ですが、こちらはITストラテジストの立場で書かれていないために合格しないケースが非常に多くなっています。ITストラテジストは、経営とITを橋渡しするのが仕事ですので、論文にも経営的な視点が含まれていなければなりません。
この経営的な視点を盛り込むための基本的な作業の流れを理解しておくことも重要です。

 ITストラテジストの合格ゼミでは、ITストラテジストの基本的な考え方や、仕事の進め方についても説明するようにしています。ここで基礎を学んで、それをベースに論文を書いていただければ、合格率は必ず上がってきます。

4.まとめ

 合格ゼミでは、この午後1対策として問題の解き方や、ヒントの見つけ方について詳しく解説します。また午後Ⅱ対策ではつかみにくいITストラテジストの立場がどのようなものなのかの理解を深め、添削指導も併用しながら合格論文を書く方法を伝授します。

午後対策を万全にするためのテクニックを学べる『合格ゼミ』はこちら

ITストラテジスト試験に合格するために必要な知識が学べる『各種 通信教育』はこちら

ochiai

執筆者『落合 和雄(おちあい かずお)氏』プロフィール

【採点者の視点から、記述式問題・合格論文対策方法を分かりやすく解説!】
・コンピュータメーカー、SIベンダーでITコンサルティング等に従事後、経営コンサルタントして独立。
・経営計画立案、企業再建等の経営指導、プロジェクトマネジメント、システム監査等のIT関係を中心に、コンサルティング・講演・執筆等、幅広い活動を展開。
・情報処理技術者試験、PMP、ITコーディネータ試験などについても、豊富な経験に基づく受験指導を行う。
・著書に、 「ITパスポート入門」(小社刊)などがある。
・中小企業診断士、税理士、ITコーディネータとしても活躍中。

アイテックブログをタグで検索