社員研修

セキュリティ教育

情報漏えいリスクを減らすために必要な知識をつけ、行動できる社員となるために!

今や国民の13人に1人の割合で個人情報漏えい(2013年調べ)があり、外部攻撃や内部からの流出により、その漏えい件数は更に増加の一途をたどっております。
技術的・物理的なセキュリティ対策もさることながら、それを扱う「人的」な教育を継続して行っていくことが、企業としての社会的な責任である、と言っても過言ではなくなってまいりました。

この度、アイテックでは、個人情報漏えいに伴うセキュリティ基礎知識向上のためのEラーニング 『組織を守る情報セキュリティ(個人情報編)』の販売を開始いたしました。
コンテンツ内容は「動画学習」の後「理解度確認テスト」を100%回答できるまで実施し、基礎知識の定着をはかります。その後、「事後課題」では、動画学習から得た知識を元に、日ごろの業務の中でのセキュリティに関わる「課題」と「改善点」の提出がございます。
単に“覚えるだけの知識”ではなく“意識して行動できる”という学習目標をコースの目標としております。
個人情報を保有する企業様の全社員を対象としたコンテンツとなっております。一般社員だけではなく、経営層の方も基礎知識の定着をはかり、こちらのEラーニングを、組織を守る情報セキュリティの知識として活用いただければ幸いでございます。

eラーニング教育ご案内

まずは、WEB動画で基礎知識や必要な行動について学びます。次に、繰り返しテストを実施して、知識を定着させることで理解度を高めていきます。短時間で効率的に学習することができるコンテンツです。
社員のセキュリティに関する「知識」と「実践(モラル)」を簡易診断し、貴社の社員様の現状把握をした上で、教育内容を検討することも可能です。

組織を守る情報セキュリティ(個人情報編)

組織を守る情報セキュリティ(個人情報編)

セキュリティ教育についてのお問い合わせ・お見積もり

ECサイトのセキュリティ向上のための『PCI DSS研修サービス』

年々増加するクレジットカード会員データの流出事件

金融庁の漏えい報告基準の明確化により、クレジット会社による報告が、H19=1722件、H20=2589件と1.5倍に増加し、更にその53%がクレジット会社による報告となっています。

この様なクレジットカード業界における情報漏えいの現状から、昨今、ECサイトのセキュリティ対策が急務となっております。

クレジットカード業界における情報漏えいの現状

情報漏えいのトップ3と、会員情報が漏えいした加盟店のPCIDSS不適合なセキュリティ状況

情報漏えいリスク低減のために…

今回開始する研修サービスでは、クレジットカード業界一般社員様向けのセキュリティ基礎知識講座、ECサイト構築に関わるITエンジニア向けのセキュアプログラミング講座の2コースをご用意いたしました。

クレジットカード産業に係わる全てのシステムの開発、運用会社様の新たなビジネスチャンスを逃さないためにも、ぜひ下記講座をご活用いただき、ECビジネスを安全に推進する一助になれれば幸いです。

セキュリティ教育についてのお問い合わせ・お見積もり

講座のご紹介

■セキュリティ基礎知識講座(一般社員様向け)

講座の目標

  • ECサイトの仕組みやセキュリティの動向におけるキーワードを理解する
  • PCI DSSに登場するキーワードを理解する

講座の特徴

カード業界における情報セキュリティのキーワードやカード業界のセキュリティ標準であるPCI DSSについて、ITを専門としない一般のビジネスパーソン向けに分かり易く解説

対象

  • カード会社および、決済サービス会社の営業担当者
  • 加盟店の情報システム使用に関わる窓口担当者

日程

半日(目安=4時間 ※3時間も可)

■セキュアプログラミング講座(IT技術者向け)

講座の目標

  • PCI DSSの要件6.5に則ったシステム設計やプログラミング手法について理解できる

講座の特徴

セキュアなシステム構築を担当するエンジニアの方に、PCI DSSの要件6.5を中心とした内容を、その概要と具体的なコーディング手順を交えてご紹介

  • ※実機による演習を行います
  • ※修了書を発行いたします

対象

  • PCI DSSに準拠したシステム開発をされたいと考えている方
  • 基本的にはエンジニアを対象としていますが、前半の概要についてはプロジェクトリーダ、マネージャの方もご受講いただけます

日程

2日間(目安=12時間 ※演習のない1日のみの座学も可)

■監修

国際マネジメントシステム認証機構
略称:ICMS
http://www.icms.co.jp/
多数の監査実績を有するPCI DSSの認定監査機関(QSA)として本講座のPCI DSSに関するカリキュラムを監修

Payment Card Forensics株式会社
略称:PCF
http://www.pcf.co.jp/
国内でも希少なペイメントカード専門の事故調査および、評価機関(PFI)として事故事案からの具体的な脆弱性とリスクを本講座にフィードバック

PCE

※PCI DSSとは? PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、国際カードブランド5社(American Express,Discover,JCB,MasterCard,VISA)が定めた、カード会社、加盟店、その他関連事業者を対象としたカードデータのためのセキュリティ基準です。

セキュリティ教育についてのお問い合わせ・お見積もり

サイトマップ
TOPへ