TOP  > 商品詳細ページ


商品名や試験名で検索

2020 エンベデッドシステムスペシャリスト 合格ゼミ 試験対策講座

販売価格(税抜) 19,980

販売価格(税込) 21,978

商品コード: 803347

販売終了しました

令和2年 春期試験の代替試験(10月実施予定)"合格"を目指す!!

お申込み受付まもなく終了!!9月30日正午まで!


4月に試験を予定されていた方も、これを機に試験に挑戦される方も
試験対策のプロ講師による、+10点の底上げができる本番直前の重要ポイントの解説!!

さらに、今回は"オンライン"講座で開催!!
もう開催場所で受講を諦める必要はありません。
ぜひ、この機会を体感ください。


80%の受講生が満足,合格ゼミ,基本情報

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+


午後問題、あと少しだったのに!

情報処理試験では「あと数問、正解していれば合格したのに…」という声をよく聞きます。

「確実に点数を取れる分野を探して、得点力をアップしたい!」

そんなあなたの想いを実現する為に『合格ゼミ ハードウェア系問題対策講座』をご用意しました。合格ゼミでは、最後の追い込み学習のポイントを講師が伝授。重要ポイントを確実に理解し、午前Ⅱと午後試験の得点力アップを目指します。

セミナー概要
・ソフトウェア系エンジニアが不得意になりがちな、午前Ⅱのハードウェア系問題の得点力を向上します。
・午後問題の勘所をつかみ、試験対策が効果的にできるようにします。
・IoT/M2M関連など、最近の出題テーマについて、ポイントを説明します。

組込みシステムは、ハードウェアとソフトウェアの双方によって構成されるため、他のITの分野に比べて、独自色が強いです。
ソフトウェア系のエンジニアにとって、ハードウェア系の問題は、苦手意識を持つ場合が多いですが、午前Ⅱ試験では、多くのハード系の問題が出題され、午後Ⅰでも、必須問題にハードウェア系の問題が含まれますので、避けて逃げる訳にはいきません。
講座では、単に午前Ⅱのハード系の問題が解答できるだけでなく、午後につながるハードウェアのポイント、午後の記述問題の勘所を重点的にお話します。また、最近の試験ではIoT/M2M関連をテーマにした問題が出題されていますので、勘所を説明します。

※ 1日の短期コースとなります。ES試験の出題分野すべてをカバーできませんので、十分な自学自習が不可欠です。
試験対策セミナー,合格ゼミ,エンベデッドシステムスペシャリスト,概要

お申込みはこちら >



合格ゼミのおすすめポイント

  1. 少人数制の為、疑問点は講師にすぐ質問できる
  2. 試験対策テクニックを学べるので、1人で学習するよりも効率的
  3. 日程や時間が決められているので、学習に強制力を持たせられる


次のような方にオススメ

  1. 1人で学習していても、問題の解き方が分からない方
  2. 試験本番へのモチベーションが下がっている方
  3. これまで開催場所で受講を諦めていた方 ※オンライン講座なので全国各地で受講可能!!


お申込受付 2020年9月30日正午まで

少人数制のため締切前に満席となる場合がありますので、お早めの申込みをおすすめします。また、満席及び最小催行人数に満たない場合は、お申込み受付をその時点で終了とさせて頂きます。予めご了承ください。


お申込みはこちら >



受講生の声

おかげさまで無事に合格することができました。セミナーでは、問題の解き方の基本とコツを教わり、効率的かつ効果的に勉強することができました。本当にありがとうございました。次の試験の合格に向けて、また合格ゼミを受講させていただくことになると思います。
理解していても、点数につながらない事が多かったので、解答の仕方を学べたのが良かったです。頻出箇所や、傾向、解くコツを教えていただき、参考になりました。今後も、本気で合格したいときは、ぜひ受講させていただきたいと思います。

お申込みはこちら >



セミナー詳細

日程
2020年10月3日(土)
時間
10:00~17:00
開催
本講座は、ZOOMを活用いたします。
定員
20名
対象者
・ 午前I問題が合格レベルに達している方。
・または自己学習でカバーできる方。(目安の得点:60%)
(講座内で午前I対策は致しません。)
・午前試験で出題されるエンベデッドシステムのハードウェア系問題が苦手な方。
・午後試験の設問パターン、着眼点、解法テクニックを学びたい方
担当講師
久保 幸夫   久保 幸夫 講師
鉄道会社系のエンジニアリング会社を経て、講師活動を開始。
エンベデッド(組み込み)ネットワーク系に強く、これらの分野を中心に、試験対策講座や技術教育、執筆活動を行っている。
使用教材
オリジナルレジュメ


より学習効果を高めるために!

お知らせ

講座2週間前に、事前課題の問題(1~2問)を受講者のみなさまにお知らせします。
事前に問題を解いていることを前提に講座を進めますので、研修の効果を高めるためにも問題を解いてからご参加ください。



カリキュラム

1回目

■午前II(ES専門分野)試験の傾向と対策
・ハードウェア系頻出問題の演習とポイント
■午後試験対策
・午後対策のガイダンス 傾向と対策
・午後試験の着眼点
・計算問題の対策
■IoT系問題の勘所
・省電力技術、無線・通信のポイント
■午後演習
・午後Ⅰ問題の演習を通じて、解答のための「勘所」を身につける
・効果的な午後の演習方法


講師コメント
・ESの午前Ⅱ試験では、ハードウェアに関する問題が、多く出題されます(25問中5問~7問)。ハードウェア系の問題は、これまで過去問そのままの出題が多い傾向にありましたが、平成31年の試験では、新作が2問出題されるなど、変化の兆しがあります。これには、AI(機械学習)により、出題の予想ができるようになり、さらにその精度が向上している時代背景がありそうです。そのため、今後、過去問マル覚えで得点できる問題は減り、新作や改題の問題が多く出題されると考えられます。ハードウェア分野が不得意な人は、午前Ⅱの得点不足にならないよう本講座にて基礎的な知識を習得してください。
・また、午後の問題の勘所について解説しながら、演習を行い、効果的な試験対策方法を理解して、午後の得点力をアップを図っていきたいと思います。


お申込みはこちら >


よくある質問

領収書を発行できますか?
発行可能です。
コンビニ決済・代引きの場合は、お支払い時に渡される領収書が公的な領収書としてご利用いただけます。その他のお支払方法の場合は、領収書発行のご依頼フォーマットよりご依頼ください。


必ずお読みください

お支払方法について
クレジットカード、コンビニ決済をご選択いただけます。
※コンビニ決済は2020年9月3日まで。
受講について
※本研修は、ZOOMを活用いたします。1講座受講(7時間)で、4~5GB程度のパケット通信量を消費します。
※携帯電話での通信をお考えの場合、低容量プランの方は通信量を使い切ってしまう可能性がございますので、無制限または大容量プランのパケット通信量のご契約下でのご受講をお勧めいたします。
注意点について
※定員制につき、お申込みのタイミングによってはお断りをする場合がございます。
※所定の定員に満たない場合、中止となる場合がございます。
※講座スケジュール、カリキュラムは変更になる場合がございます。
※お客様のご都合による欠席の場合、振り替え及び受講料の払い戻しは致しません。
※自然災害等が発生し受講生の安全面に影響が及ぶと判断を行った際には、開催を延期とさせていただく場合がございます。
※ご不明な点がございましたら、アイテックサービスデスクまでお問い合わせください。


お申込みはこちら >



関連する商品を全て見る >



+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

▼セミナーに関して


【Zoom研修について】
・本研修は、ZOOMを活用いたします。1講座受講(7時間)で、4~5GB程度のパケット通信量を消費します。
※携帯電話での通信をお考えの場合、低容量プランの方は通信量を使い切ってしまう可能性がございますので、無制限または大容量プランのパケット通信量のご契約下でのご受講をお勧めいたします。
・受講案内のご連絡をお申込みより1週間以内にメールにてご案内いたします。また、初回開催日直前にもご連絡いたします。


-----------------------------------------------------------