IT資格一覧

情報処理技術試験 ITパスポート

ITパスポート

アイテックでは、ITパスポートについてWEB学習・模試・書籍など豊富な学習教材で合格をサポート

経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。
あなたのIT力を証明する国家試験をサポートします。

ITパスポートとは

ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。
ITを正しく理解し、業務に効果的にITを利活用することのできる“IT力”が身につきます。
iパスは、2009年の開始以来、累計応募者数が50万人以上となり、社会人から学生まで幅広い層から支持されています。
あなたのIT力を証明する国家試験。

【対象者像】

職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者。

共通キャリア・スキルフレームワーク:レベル1(ITを利活用する社会人に求められる基礎知識)

試験概要

試験時期 随時:CBT方式

※CBT(Computer Based Testing)方式とは、コンピュータを利用して実施する試験のことで、受験者は試験会場に行き、コンピュータに表示された試験問題にマウスやキーボードを用いて解答するものです。

試験時間 165分

※平成28年(2016年)3月5日の試験から45分短縮して「120分」となります。詳細は情報処理技術者試験センターのHPをご確認ください

出題形式 四肢択一
出題数 全100問
小問:84問
中問:16問(1中問につき4小問出題)

※平成28年(2016年)3月5日の試験から「中問が廃止」され、「小問:100問」の出題形式となります。詳細は情報処理技術者試験センターのHPをご確認ください

出題分野 ストラテジ系(経営全般):35問程度
マネジメント系(IT管理):20問程度
テクノロジ系(IT技術):45問程度
合格基準 総合評価点、分野別評価点のすべてが次の基準を満たすこと
<総合評価点>
600点以上/1,000点(総合評価の満点)
<分野別評価点>
ストラテジ系:300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
マネジメント系:300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
テクノロジ系:300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
試験方式 CBT(Computer Based Testing)方式
受験者はコンピュータに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。
採点方式 IRT(Item Response Theory:項目応答理論)に基づいて解答結果から評価点を算出
試験に関する問い合わせ先 情報処理技術者試験センター
TEL:03-5978-7600

アイテックが提供するIT資格学習スタイル

出題範囲

分野 大分類 中分類
ストラテジ系 1 企業と法務 1 企業活動
2 法務
2 経営戦略 3 経営戦略マネジメント
4 技術戦略マネジメント
5 ビジネスインダストリ
3 システム戦略 6 システム戦略
7 システム企画
マネジメント系 4 開発技術 8 システム開発技術
9 ソフトウェア開発管理技術
5 プロジェクトマネジメント 10 プロジェクトマネジメント
6 サービスマネジメント 11 サービスマネジメント
12 システム監査
テクノロジ系 7 基礎理論 13 基礎理論
14 アルゴリズムとプログラミング
8 コンピュータシステム 15 コンピュータ構成要素
16 システム構成要素
17 ソフトウェア
18 ハードウェア
9 技術要素 19 ヒューマンインタフェース
20 マルチメディア
21 データベース
22 ネットワーク
23 セキュリティ

CBT方式の特徴

  1. 土日や夜間を含め随時、試験を実施しているので、受験者の都合に合わせて試験日時や会場を選択できます。
  2. 試験の申込みから結果確認までの手続きがコンピュータを通じ、いつでもできます。
  3. 試験前日まで試験申込みができ、試験予定日7日前までであれば試験日を自由に変更できます。
  4. 試験結果はすぐにわかり、受験後1年間は試験結果レポートのダウンロードができます。

アイテックが提供するIT資格学習スタイル

試験の流れ

試験の流れ
試験の流れ
試験の流れ
試験の流れ
サイトマップ
TOPへ