IT資格一覧

ITパスポート【IP】情報処理技術試験

あなたのIT力を証明する国家試験

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべき ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です

具体的には、新しい技術(AI、ビッグデータ、IoT など)や新しい手法(アジャイルなど)の概要に関する知識をはじめ、経営全般(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)の知識、IT(セキュリティ、ネットワークなど)の知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。

通信教育や講座、模擬試験などあなたの状況に合った学習教材をお選びいただけます

ITパスポートのための学習教材はこちら

目次

ITパスポート試験の合格を徹底サポート!

ITパスポート,iパス,IP

初めてITパスポート試験の合格を目指す方や、再受験で合格したい方をサポート!

いつでもどこでも学習できるeラーニングなら費用も時間も節約できます。アイテックは、ITに関しての基礎知識をつけたい方から、高度な知識を身につけたい方まで、徹底的にサポートします。

情報処理技術試験 ITパスポートとは

社会の隅々まで浸透したIT、ビジネスにおいてもITなくして成立はしません

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

ITを正しく理解し、業務に効果的にITを利活用することのできる“IT力”が身につきます。

iパスは、2009年の開始以来、累計応募者数が60万人以上となり、社会人やこれから社会人となる学生など幅広い層から支持されています。
企業では、社員の人材育成に幅広く活用されており、採用活動におけるエントリーシートへの記入を求める動きが広がるなど、多くの企業で積極的に活用されています。
大学や高校では、iパスのシラバスに沿った授業を行う学校もあり、合格支援のため対策講座を開設する学校も増えています。

【対象者像】

職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者。

共通キャリア・スキルフレームワーク:レベル1(ITを利活用する社会人に求められる基礎知識)

詳細はIPAのサイトを参考ください

ITパスポートの試験概要

試験時期 随時:CBT(Computer Based Testing)方式
受験者はコンピュータに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。
試験時間 120分
出題形式 多肢選択式(四肢択一)
出題数 小問:100問
受験手数料 5,700円
出願時期 随時受付・実施中
詳しくはiパスWebサイト
試験に関する問い合わせ先 情報処理技術者試験センター
TEL:03-5978-7600

ITパスポート試験合格のための学習教材はこちら

ITパスポートの出題範囲

分野 大分類 中分類
ストラテジ系 1 企業と法務 1 企業活動
2 法務
2 経営戦略 3 経営戦略マネジメント
4 技術戦略マネジメント
5 ビジネスインダストリ
3 システム戦略 6 システム戦略
7 システム企画
マネジメント系 4 開発技術 8 システム開発技術
9 ソフトウェア開発管理技術
5 プロジェクトマネジメント 10 プロジェクトマネジメント
6 サービスマネジメント 11 サービスマネジメント
12 システム監査
テクノロジ系 7 基礎理論 13 基礎理論
14 アルゴリズムとプログラミング
8 コンピュータシステム 15 コンピュータ構成要素
16 システム構成要素
17 ソフトウェア
18 ハードウェア
9 技術要素 19 ヒューマンインタフェース
20 マルチメディア
21 データベース
22 ネットワーク
23 セキュリティ

CBT方式の特徴

CBT(Computer Based Testing)方式とは、コンピュータを利用して実施する試験のことで、受験者は試験会場に行き、コンピュータに表示された試験問題にマウスやキーボードを用いて解答するものです。

  1. 試験はすべての都道府県で毎月実施していますので、受験者の都合に合わせて試験日時や会場を選択できます。
  2. 験の申込み、成績の確認が、Webサイトにログインすることによって、いつでもできます。
  3. 試験前日の正午まで受験申込みができます(クレジットカード、バウチャーの場合)。
  4. 試験の成績は、試験当日中にWebサイトから確認できます。受験後1年間は試験結果レポートのダウンロードができます。

ITパスポート試験合格のための学習教材はこちら

ITパスポートの難易度、そして合格率は?

合格基準

総合評価点600点以上であり、かつ分野別評価点もそれぞれ300点以上であること

総合評価点 600点以上/1,000点(総合評価の満点)
分野別評価点 ストラテジ系 300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
マネジメント系 300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
テクノロジ系 300点以上/1,000点(分野別評価の満点)

応募者データ

応募者データ

合格率

H30実績 応募者数 合格率
107,712名 51.7%

ITパスポート試験合格のための学習教材はこちら

ITパスポート取得のメリット

メリット1:試験勉強を通じ、幅広い分野の基礎知識が取得可能!

iパスは、ITに関する知識にとどまらず、企業活動、経営戦略、会計や法務など、ITを活用する上で前提となる幅広い知識がバランス良く習得できます。

  • 情報セキュリティや情報モラルに関する知識が身に付きます
  • 企業コンプライアンス・法令遵守に貢献する正しい知識が身に付きます
  • 経営戦略、財務など、経営全般に関する基礎知識が身に付きます
  • 業務に必要なITの基礎知識が身に付きます

メリット2:組織のIT力向上に!コンプライアンス強化に!

ビジネスにITを活用するためには、情報システム部門に限らず、情報システムを利用する側の社員一人ひとりにも、ITを理解し、活用するためのIT力が必要です。社員一人ひとりにIT力が備わることにより、会社全体のIT力が向上します。

  • ITを活用した業務効率化と、ビジネス拡大に
  • 組織のIT力向上と、コンプライアンス強化に
  • 多くの企業が社員研修・新入社員研修に活用しています

メリット3:就職、進学等で役立つ国家試験

もはや、ITなくしてビジネスは成立しないため、企業もITに関する基礎知識を備えた人材を求めており、企業や省庁等の採用でiパスが活用されています。 また、大学では入試優遇制度や単位認定、対策講座などの取り組みが実施されています。 iパスは、個人のスキルアップと共に就職や進学で役立ちます。

  • 就職活動において、自らの知識を証明し、自己アピールに役立ちます
  • 企業や省庁などの採用で、iパスが活用されはじめています
  • 全国多数の大学でiパスが評価されています
  • 他の試験でも優遇されています
サイトマップ
TOPへ