IT資格一覧

アイテックがサポートするIT資格一覧

情報処理技術者試験におけるIPAからの出題範囲・シラバス等の改訂に対する改訂ポイントとアイテックの対応を掲載!!

IT資格があることで、その人の能力を客観的に証明することができます!

情報処理技術者試験をはじめ、PMP®など各種IT資格・試験の対策に対応しております。
「IT系職種全般」「エンジニア系」「マネージャー系」など資格試験は様々です。
アイテックは皆さまのスキルアップや資格取得を徹底的にサポートいたします。

目次

ITパスポート

ITパスポート

ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。具体的には、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。

ITパスポート

情報セキュリティマネジメント

情報セキュリティマネジメント

機密情報を守り、ITの安全な利活用を推進する、情報管理の要となる存在が、強く求められています!
情報セキュリティマネジメント試験は、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する試験です。

情報セキュリティマネジメント

基本情報技術者

基本情報技術者

SEへの第一歩。IT技術者の登竜門となる国家資格です。
ITエンジニアとしてキャリアをスタートするには、まず基本情報技術者試験から受験することをお勧めします。しっかりとした基礎を身に付けることにより、その後の応用力の幅が格段に広がります。

基本情報技術者

応用情報技術者

応用情報技術者

基本情報技術者からのキャリアアップに!
情報システムの分野においてリーダーを目指す人はぜひ取得しておきたい資格。
将来的に各種高度系資格を取得するための登竜門。

応用情報技術者

ITストラテジスト

ITストラテジスト

経営とITを結びつける戦略家!
経営戦略に基づいてIT戦略を策定し、ITを高度に活用した事業革新、業務改革、及び競争優位を獲得する製品・サービスの創出を企画・推進して、ビジネスを成功に導くCIOやCTO、ITコンサルタントを目指す方に最適な試験です。

ITストラテジスト

システムアーキテクト

システムアーキテクト

業務とITのグランドデザイナー!
システム開発の上流工程を主導する立場で、豊富な業務知識に基づいて的確な分析を行い、業務ニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成に導く、上級エンジニアを目指す方に最適な試験です。

システムアーキテクト

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャ

ITプロジェクトの成功請負人!
プロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任をもち、前提・制約条件の中でプロジェクトを確実に成功に導き、プロジェクトメンバを成長させるマネージャを目指す方に最適な試験です。

プロジェクトマネージャ

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリスト

ネットワーク社会を担う花形エンジニア!
ネットワークの固有技術からサービス動向まで幅広く精通し、目的に適合した大規模かつ堅牢なネットワークシステムを構築し運用できるネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す方に最適な試験です。

ネットワークスペシャリスト

データベーススペシャリスト

データベーススペシャリスト

ビッグデータ時代に求められる、データ志向の担い手!
企業活動を支える膨大なデータ群を管理し、パフォーマンスの高いデータベースシステムを構築して、顧客のビジネスに活用できるデータ分析基盤を提供するデータベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す方に最適な試験です。

データベーススペシャリスト

エンベデッドシステムスペシャリスト

エンベデッドシステムスペシャリスト

組込みシステムの腕利きエンジニア!
自動車、家電、モバイル機器などに搭載する組込みシステムを、ハードウェアとソフトウェアを適切に組み合わせて構築し、求められる機能・性能・品質・セキュリティなどを実現できる組込みエンジニアを目指す方に最適な試験です。

エンベデッドシステムスペシャリスト

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士

ITの安全・安心を支えるセキュリティの番人!
情報システムや組織に対する脅威や脆弱性を評価し、技術面・管理面での有効な対策を遂行できるセキュリティエンジニアや情報システム管理者を目指す方に最適な試験です。

情報処理安全確保支援士

ITサービスマネージャ

ITサービスマネージャ

情報システムの安定稼働を約束する仕事人!
顧客ニーズを踏まえ、日々の継続的改善を通じて高品質なITサービスを最適なコストで安定的に提供し、IT投資効果を最大化できるITサービスマネージャを目指す方に最適な試験です。

ITサービスマネージャ

システム監査技術者

システム監査技術者

独立した立場でITを監査する御意見番!
情報システムを監視し、リスクとコントロールを評価することによって、組織体の情報システムの適切な活用を促進し、ITガバナンス向上やコンプライアンス確保に貢献できる監査人や情報システム責任者などを目指す方に最適な試験です。

システム監査技術者

PMP®

PMP®

PMP®資格は、プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、プロジェクトマネジメント・スキルの評価基準として、IT・建設をはじめとする多くの業界から注目されています。

Project Management Professional (PMP)®, Certified Associate in Project Management (CAPM)®, PMBOK®Guide は プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。

PMP®

ビジネスアナリシス

ビジネスアナリシス

ビジネスアナリシスとは「課題や問題を解決すること」
日常の生活において、私たちはいろいろな課題や問題に直面し、それらを解決しながら暮らしています。ビジネスの世界においてもその状況は同じです。この課題や問題を解決するための手段をよく整理されたタスクとテクニックの集まりがビジネスアナリシス知識体系ガイド(BABOK®)です。

ビジネスアナリシス

LPIC

LPIC

Linuxの技術力を中立公正に判定するIT資格!
公正なLinuxスキルの判断基準として国際的に認められています。世界共通基準で認定を行っており、200カ国以上の方々に受験されています。

LPIC

PCI DSS

PCIDSS

"国内初""業界初"eラーニングで学ぶ「PCI DSS」
概念と要件を理解して、ビジネスに最適な準拠の仕方、運営を学ぶ!

<監修>国際マネジメントシステム認証機構 (ICMS) 代表取締役社長 PCI DSS QSA監査員 上野 洋一

PCIDSS

情報セキュリティマネジメント試験,高度試験,情報処理安全確保支援士試験における人材像・出題範囲・シラバス等の改訂について(新技術への対応、セキュリティ強化など)

ビジネス環境の激しい変化に対応し、企業の競争優位性を確保するため、第4次産業革命関連技術(AI、ビッグデータ、IoT)などの新技術の活用、及びデジタルトランスフォーメーション(DX)の取組みが進展しています。関連してセキュリティの重要性も高まっており、経済産業省や国内外の各団体において新たなフレームワークやセキュリティ人材モデルが策定され、また、高度IT人材がセキュリティのスキルを更に高めることの必要性についても検討されています。

【改訂の背景】IT環境の変化・人材ニーズの変化

  • AI、ビッグデータ、IoTなど新技術の活用
  • DXの取り組みの進展
  • セキュリティの重要性の高まり
それらの環境変化及び人材ニーズを踏まえ、今般、情報セキュリティマネジメント試験(SG)、高度試験及び情報処理安全確保支援士試験(SC)を対象に、試験要綱、シラバスの一部改訂を行いました。

【対象種別】

  • 情報セキュリティマネジメント(SG)
  • 情報処理安全確保支援士(SC)
  • 高度試験( DB・ES・PM・AU / NW・SM・ST・SA )

2019年11月5日 IPA掲載の詳細はこちら


改訂ポイント アイテック対応

(1)対象種別全体の改訂点

  • IoTに関する記述の追加(特にES、ST、SA)
  • 新技術関連の記述の追加

■ シラバス記述の追加対応

  • 今後、各教材で対応予定

(2)セキュリティ分野の強化

  • 出題技術レベルの変更
    DB・ES・AU / ST・SA・ SM 技術レベルを3から4に変更
  • 出題数の増加
    DB・ES・PM・AU / SM・ST・SAの午前Ⅱ試験
    「中分類11:セキュリティ」を非重点分野から重点分野に
  • 情報処理安全確保支援士(SC)のシラバス記述全面改訂・人材像、午後試験の出題範囲

■ セキュリティに関する補足資料を追加

 ┗DB・ES・AU通信教育コース内
 ┗書籍補足としてダウンロード資料を用意
  • レベル4セキュリティに関する用語解説
  • 演習問題

■ 午前ⅡWebテストにセキュリティ分野を追加

 ┗DB・ES・AU通信教育コース内(※11月末~12月上旬予定)

■ 公開模試出題傾向

  • DB・ES・PM・AU セキュリティ問題数を増加

(3)エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) 試験概要改訂

  • 午前Ⅱ:出題範囲の拡大
     → ビジネスインダストリを出題対象に追加
  • 午後Ⅰ:テーマの選択幅の拡大
     →「問1必須(40点)、問2~3から1問を選択(60点)」から「問1~3から2問を選択(各50点)」に変更

■ ビジネスインダストリ分野の追加

  • ES通信教育コース内午前Ⅱに演習テストを追加

■ ES公開模試の改訂

  • 午前Ⅱビジネスインダストリの追加
  • 午後Ⅰ選択方法変更

基本情報技術者 を出題範囲を更に詳細化し試験改訂を実施

「基本情報技術者試験」の出題範囲 1) を更に詳細化し,レベル 2 の知識・技能の幅と深さを体系的に整理,明確化した「シラバス」(情報処理技術者試験における知識・技能の細目)を策定しましたので,公表します。
本シラバスが,試験の合格を目指す受験者の方々にとっての学習指針として,また,企業,学校の教育プロセスにおける指導指針として,有効に活用されることを期待するものです。
なお,本シラバスは,技術動向などを踏まえて,内容の追加,変更,削除など,適宜見直しを行っていきますので,あらかじめご承知おきください。

2019年7月1日 IPA掲載の詳細はこちら


改訂ポイント アイテック対応

(1)19秋 午前試験での数学に関する出題比率見直し

  • 試験シラバスに線形代数,ベクトル,逆行列,数列,三角関数などが追加
  • 線形代数、確率・統計など数学に関する出題比率向上

19秋本試験 FE午前試験出題傾向

  • 基礎理論 11問に増加(19春 8問)
  • コンピュータシステム 11問に減少(19春 15問)
  • システム開発技術 5問に増加(19春 4問)

FE午前試験 新傾向問題

  • 問4 関数の極限値

(2)20春 午後試験の出題数、解答数、配点などの見直し

  • 午後選択問題が11問出題5問解答に変更
  • セキュリティ、アルゴリズム、プログラミングの配点比率が向上

■ 公開模試等テスト 出題数、解答数、配点の変更に対応

■ 2020 FE 午前試験対策書、午後試験対策書

  • 数学出題ポイント追加
  • セキュリティとアルゴリズムを強化

(3)プログラミング言語に「Python」が追加

  • 10/28 IPAサンプル問題が発表

■ Python問題への対応

  • IPAサンプル問題のアイテック見解、解答解説の発表
  • アイテックオリジナル予想問題の公開
  • 通信教育コースでの対応(Pythonテキスト、補足資料、出題ポイント集など)
  • Python言語の追加記念【特典】をご用意!!

サイトマップ
TOPへ